HOME  地区市民センター 防災情報  園・子育て情報 学 校   福祉施設
海蔵地区のデータ
面積・MAP
 世帯数・人口等
歴史・文化等
遺跡、道標、碑
神社、寺院
 海蔵川
 まちの名前の由来
万古焼 
海蔵百景 
 その他
開花・結実情報
海蔵川さくら
堀川菖蒲園
イヌナシ・アイナシ 
地区定期刊行物
 地区市民センターだより
地区広報「かいぞう」
社協だより「さんあい」
福祉だより
「同推」くん
医療機関
学童保育所
かいぞう文庫 
福祉の家 
 趣味・スポーツサークル
 まちかど博物館
海蔵地区まちづくり構想
 
 
同推くん
 
 
「同推くん」(海蔵地区同推協だより)は、1992年(平成4年)に第1号を発行した海蔵地区人権・同和教育推進協議会(海蔵地区同和教育推進協議会)の広報紙です。
 紙名の「同推くん」は、1994(平成6)に親しみやすい愛称を公募し、応募作品の中から選ばれたものです。
 「同推くん」は、海蔵地区人権・同和教育推進協議会の事業活動の予定や結果を地域の皆様にお知らせするほか、人権・同和問題についての理解と認識を深めるための学習に役立つ資料の提供をしております。
 これからも「海蔵地区の人権尊重のまちづくり」のために役立つ記事を提供して参ります。


バックナンバー 
 
70号 2017年度活動の基本方針として(2017年8月1日)
69号 2016年度の活動を振り返って(2017年4月1日) 
68号 第25回人権を考える集いを終えて(2017年2月1日)
67号 2016年度地区懇談会を終えて(2016年11月1日)
66号 ノーマライゼーションとバリアフリー(2016年8月1日)
65号 四日市人権・同和研究会(課題別学習会)に参加して(2016年5月1日)
64号 海蔵地区人権・同和教育推進協議会1年の取り組みを振り返って
63号 第37回四日市人権・同和教育研究大会に参加して(2015年11月1日)
62号 海蔵地区人権・同和教育推進協議会の取り組み(2015年8月1日)
61号 戦後70周年、過去の歴史に目を開こう(2015年5月1日)
60号 16歳のマララさんが国連本部で感動のスピーチ(2015年2月1日)
59号 四日市人権・同和教育研究大会に参加して(2014年11月1日)
58号 人権は身近な問題(2014年8月1日)
57号 J1浦和「差別横断幕事件」を考える(2014年5月1日)
56号 民主主義と人権の危機を招く明日の日本(2014年2月1日発行)
55号 IPCC気候変動の第5次評価報告書(2013年8月1日発行)
54号 バッシングに揺らぐ生活保護(2013年8月1日発行)
53号 真の近代民主主義国家をめざすために(2013年5月1日発行)
52号 2013年のスタートにあたって(2013年2月1日発行)
51号 「民主主義の危機」を考える(2012年11月1日発行)
50号 「人生100年時代」長生きは幸せか(2012年8月1日発行)
49号 「民意」と人権について考える(2012年5月1日発行)
48号 「人間は尊敬すべきもの」(2012年2月1日発行)
47号 「もったいない」を暮らしのキーワードに(2011年11月1日発行)
46号 風評被害と人権を考える(2011年8月1日発行)
45号 原発事故と人権を考える(2011年5月11日発行)
44号 足元を見つめなおしステップの年に(2011年2月1日発行)
43号 やればできる 男女共同参画社会の実現(2010年11月1日発行)
42号 2010年度の事業活動を展開するにあたって(2010年8月1日発行)
41号 憲法改正手続きに関する法律の施行にあたって(2010年5月1日発行)
40号 子どもを育てる責任は誰なのか(2010年3月1日発行)
39号 私にはいのちがふたつある(2010年1月1日発行)
38号 限界を超えた地球環境破壊を元に戻すために(2009年11月1日)
37号  社会権条約の個人通報制度選択議定書をひ批准しすべての国民の生活水準      の権利確保を(2009年8月1日発行)
36号 裁判員制度いよいよスタート(2009年8月1日発行)
35号 迫りくる超高齢化社会 高齢者福祉政策の基本理念の早期確立を
                       (2009年5月1日発行)
34号 裁判員制度は人権の視点と感覚で、環境問題はグローバルに
                       (2009年1月1日発行)
33号 第17回「人権を考える集い」を開催(2008年11月1日発行)
32号 今年は世界人権宣言採択60周年(2008年8月1日発行)
31号 裁判員制度スタートまで1年となりました(2008年5月1日発行)
30号 鹿児島選挙違反事件(志布志事件)をめぐって(2008年3月1日発行)
29号 21世紀のテーマ「人権・環境・平和」の学習活動を進めよう!
                        (2008年1月1日発行)
28号 国民の司法参加は万全か(2007年11月1日発行)
27号 民主主義とは=多数決は常に正しい?(2007年9月1日発行)
26号 2007年度のスタートにあたって(2007年7月1日発行)
25号 2006年度の事業活動を終えて(2007年3月1日発行)
24号 新年度のスタートにあたって(2006年7月1日発行)
      ーテーマは「高齢者問題」ー
23号 今年度のテーマ「裁判員制度」の学習を終えて(2006年2月15日発行)
22号 新年度のスタートにあたって(2005年7月1日発行)
      ーテーマは「裁判員制度」ー
21号 2004年度の活動をふりかえって(2005年3月1日発行)
20号 新年度のスタートにあたって(2004年7月1日発行)
      ーテーマは「子どもの虐待防止」ー
19号 第12回人権を考える集い「在日韓国・朝鮮人の人たちの人権」の要旨
                         (2003年11月20日発行)
18号 2003年度のスタートにあたって(2003年7月1日発行)
17号 「組織名称変更」、「企業における人権・同和問題の取り組みの現状」
                         (2002年7月1日発行)
16号 海蔵同推協10年のあゆみ(2002年3月20日発行)
15号 2000年度地区懇談会アンケートの意見から(2001年3月20日発行)
14号 差別をなくしていくのは私たち自身(2000年7月20日発行)
13号 四同研大会で海蔵婦人会が提案(1999年9月20日発行)
12号 「第7回人権を考える集い」をふりかえって(1999年2月20日発行)
11号 正しい知識で優しい心を育てよう(1998年8月5日発行)
10号 「第6回人権を考える集い」を終えてて(1998年1月25日発行)
9号  ‘97啓発テーマ 力を合わせて・・・(1997年6月25日発行)
       差別を「しない、させない、許さない」運動を広げよう
8号 ‘96啓発テーマ「差別を許さない勇気ある行動を」(1996年8月25日発行)
7号  ‘95活動テーマ「まちがった考えや偏見を子や孫に伝えないこと」
                           (1996年3月発行)
6号  死語にしたくない言葉(1996年1月10日発行)
5号  平成7年度はじめにあたりご挨拶(平成7年7月25日発行)
4号  平成6年度の活動を振り返って(平成7年3月発行)
[以下「海蔵地区同推協だより」]
3号  平成6年度はじめにあたりご挨拶(平成6年7月11日発行)
2号  同和人権アンケート調査の中間報告(平成5年3月25日発行)
1号  人権尊重と差別撤廃に関する啓発ポスターや
     標語・作文等への応募についてのお例
(平成4年12月21日発行)
 
 
 
 
 
 
発  信
海蔵地区社会福祉協議会
広報部
 四日市市東阿倉川622−1
地域社会づくり団体
連合自治会
各町自治会
社会福祉協議会

連合自主防災会
子ども会育成者連絡協議会

民生児童委員協議会
人権・同和推進協議会
青少年育成協議会

若生会
婦人会
セフティネット協議会四日市消防団海蔵分団交通安全協会(海蔵南支部・北支部)
母子寡婦福祉会

まちづくり構想策定委員会
さくらまつり実行委員会

 
 
サイトマップと検索
 リンク集
免責・著作権について