HOME  地区市民センター 防災情報  園・子育て情報 学 校   福祉施設
海蔵地区のデータ
面積・MAP
 世帯数・人口等
歴史・文化等
遺跡、道標、碑
神社、寺院
 海蔵川
 まちの名前の由来
万古焼 
海蔵百景 
 その他
開花・結実情報
海蔵川さくら
堀川菖蒲園
イヌナシ・アイナシ 
地区定期刊行物
 地区市民センターだより
地区広報「かいぞう」
社協だより「さんあい」
福祉だより
「同推」くん
医療機関
学童保育所
かいぞう文庫 
福祉の家 
 趣味・スポーツサークル
 まちかど博物館
海蔵地区まちづくり構想
 
 
 海蔵地区の面積:3.65ku (四日市市の面積:206.44ku)
6.44
表示が海蔵地区

 現在、海蔵川と三滝川間の近畿日本鉄道名古屋本線沿いの地域は、市の条例により、同線を境として西側の「末永町」と「本郷町」が海蔵地区市民センター所管区域(海蔵地区)、東側の「陶栄町」と「滝川町」が橋北地区市民センター所管区域(以下「橋北地区」)となっています。
 しかし、嘗ては同本線西側の「本郷町」の一部が橋北地区、また東側の「陶栄町」、「滝川町」の一部が海蔵地区となっていました。
 その後、昭和45年7月10日に関係条例が改正施行され、「本郷町」全域が海蔵地区、「陶栄町」と「滝川町」の全域がを橋北地区となりました。
詳細は、下記の「海蔵地区市民センターの所管区域(海蔵地区)表示の変化」をご覧ください。

 海蔵地区市民センターの所管区域(海蔵地区)表示の変化
 市内各地区面積 市 内 地 区 図 
 面積:ku
地区名   面 積  地区名 面 積   地区名  面 積
 中 部  6.54  塩 浜  8.30  下 野  7.57
 富洲原  2.04  小山田  18.35  大矢知  6.89
 富 田  4.88  川 島  7.89  河原田  5.12
 羽 津  8.80  神 前  7.40  水 沢  19.63
常 磐 4.89  桜  12.02  保 々  10.86
日 永 7.23  三 重  11.83  海 蔵  3.65
四 郷 8.40  県  11.25  橋 北  2.62
内 部 12.31  八 郷  10.21  楠  7.76
 四日市市は明治30年8月1日に市制実施の後、下記のとおり三重郡の各町・村等を編入して現在の市域となりました。
編入年月日  編入地域 
 昭和 5年 1月 1日 三重郡 海蔵村及び塩浜村を廃し、四日市市に編入
 昭和16年 2月11日 三重郡 日永村、常磐村、羽津村、富田町、富洲原町を廃し、
四日市市に編入
 昭和18年 9月15日 三重郡 四郷村及び内部村を廃し、四日市市に編入 
 昭和29年 3月31日 三重郡 小山田村を廃し、四日市市に編入
 昭和29年 7月 1日 三重郡 川島村、神前村、桜村、三重村、県村、八郷村、下野村、
大矢知村及び河原田村を廃し、四日市市に編入
 昭和32年 4月15日 鈴鹿郡 三鈴村を廃し、
大字南小松、鹿間、和無田及び野田を四日市市に編入し、
大字下大久保、岸田、大野、山本、小岐須及び小社の区域を
鈴鹿市に編入
 昭和32年 4月15日 三重郡 水沢村及び保々村を廃し、四日市市に編入
 平成17年 4月15日 三重郡 楠町を廃し、四日市市に編入
 
発  信
海蔵地区社会福祉協議会
広報部
 四日市市東阿倉川622−1
地域社会づくり団体
連合自治会
各町自治会
社会福祉協議会

連合自主防災会
子ども会育成者連絡協議会

民生児童委員協議会
人権・同和推進協議会
青少年育成協議会

若生会
婦人会
セフティネット協議会四日市消防団海蔵分団交通安全協会(海蔵南支部・北支部)
母子寡婦福祉会

まちづくり構想策定委員会
さくらまつり実行委員会

 
 
サイトマップと検索
 リンク集
免責・著作権について