HOME  地域社会づくり団体  地区市民センター 防災情報  園・学校  福祉施設
海蔵地区の紹介
MAP 
海蔵地区のデータ
面積世帯数・人口等
歴史・文化等
遺跡、道標、碑
神社、寺院
 海蔵川
 名まえの由来
万古焼
海蔵百景
開花・結実情報
地区定期刊行物
 地区市民センターだより
地区広報「かいぞう」
社協だより「さんあい」
福祉だより
「同推」くん
生活情報
医療機関
学童保育所
 子育て支援
海蔵文庫 
 趣味・スポーツサーク
 まちかど博物館
海蔵地区まちづくり構
 
 
 
四日市市消防団 海蔵分団

消防団って何?(四日市市消防本部公式サイト)

分団の拠点

 海蔵分団の拠点は、海蔵地区市民センターの敷地内にあります。車庫には消防車を保管し、奥の部屋では会議や仮眠ができ、ガス、水道、電話、テレビ、ファックスなどの設備があります。
   分団の活動

 分団員は現在17人で、会社員、自営業などの有職者です。
 分団の出動範囲は海蔵、羽津、橋北、三重、そして市本庁管内の同和、共同、中央、浜田の各地区です。
特命があると市内全域に出動します。
 出動範囲に災害が発生すると、市消防本部から携帯メールと電話で出動指令が来ます。
 各団員は可能であれば仕事を中止して、活動服に着替えて分団車庫に向かい、防火外套、ヘルメットなどを着用して出動します。
 消防車の出動に間に合わなかった団員は、自分の車で災害現場に向かうことになります。
 災害が治まると分団車庫に戻り、消防車、装備、人員などの確認を行うので帰宅が深夜、明け方になることがよくあります。

 また、大雨洪水警報や津波警報等が発令されると地区内を警戒巡回を、必要な時は広報巡回をします。

            【平時の主な年間活動】

        操法訓練を実施(7月27日まで)
  分 団 員
   
   
 【地区防災訓練での救急救命講習】
     
     
消防操法大会
 
 
発  信
海蔵地区社会福祉協議会
広報部
 四日市市東阿倉川622−1
kohoh@kaizotiku.org
地域社会づくり団体
海蔵地区連合自治会各町自治会海蔵地区社会福祉協議会海蔵地区連合自主防災会海蔵地区子供会育成者連絡協議会民生児童委員協議会海蔵地区人権・同和推進協議会青少年育成協議会若生会婦人会海蔵地区セフティネット協議会四日市消防団海蔵分団交通安全協会海蔵支部遺族会母子福祉会海蔵地区まちづくり構想策定委員会
 
 
 
サイトマップと検索
 リンク集
免責・著作権について