自治会・地域の紹介 その4
末永・本郷地区 
                   本郷町一区自治会

 220世帯で構成しています。(平成30年4月1日現在)
 地区連合自治会を通じての行政への道路等の土木要望や海蔵川堤防清掃(地区社協主催)、防災訓練(地区防災会主催)、桜まつり(海蔵川桜まつり実行委員会主催)の早朝清掃などへの協力・参加、また町内の一斉清掃などを行っています。

 地域の東側を近畿日本鉄道名古屋本線が通り、現在「近鉄川原町駅周辺総合整備事業」の一環としての「川原町駅付近連続立体交差事業」が行われています。
北側は海蔵川が流れ、
地域のほぼ中央を市道午起末永線が東西に通っています。
 地域内には市の本郷第1(本郷あおぞら)公園、海蔵川沿いには本郷第3(防災)公園があります。防災公園には市の耐震性40トン防火地下水槽と水防倉庫、海蔵地区防災会の本郷・末永地区を対象として防災倉庫(bT)が設置されています。また、前の歩道には災害時トイレ用のマンホールが設置されています。

【平成30年度役員】
 会 長    石ア喜久男   副会長   石ア正明   副会長   山中秀昭   会 計   横田博文  


川原町駅付近連続立体交差事業
(市道午起末永線踏切)

本郷1号(本郷あおぞら)公園

本郷3号(防災)公園
耐震性40トン防火地下水槽、水防倉庫、
海蔵地区防災倉庫bTが設置されています。
                   本郷町二区自治会

 100世帯世帯で構成しています。(平成30年4月1日現在)
 地区連合自治会を通じての行政への道路等の土木要望や海蔵川堤防清掃(地区社協主催)、防災訓練(地区防災会主催)、桜まつり(海蔵川桜まつり実行委員会主催)の早朝清掃などへの協力・参加、また町内の一斉清掃などを行っています。

 地域の東側は市道赤堀・山城線が通り、西側から北側は三滝川分派・海蔵川が流れています。三滝川分派は、「三滝川ふるさとの川整備事業」の一環としての整備が計画されています。また、市道午起末永線が地域内を東西に通っています。地域内には、市の本郷2号(本郷ふれあい)公園があります。公園の花壇は、自治会が市の「花と緑いっぱい事業補助金」を受けるなどして設置・管理しています。

【平成30年度役員】
 会 長    山中 清   副会長    秦 晴彦   会 計    横山恵理香  


海蔵川(左後方)と三滝川分派

本郷2号(本郷ふれあい)公園

市道午起末永線(後方は三滝川分派)
                   末永町一区自治会

 41世帯で構成しています。(平成30年4月1日現在)
 地区連合自治会を通じての行政への道路等の土木要望や海蔵川堤防清掃(地区社協主催)、防災訓練(地区防災会主催)桜まつり(海蔵川桜まつり実行委員会主催)の早朝清掃などへの協力・参加、また町内の一斉清掃などを行っています。

 地域の東側は近畿日本鉄道名古屋本線が通り、現在、「近鉄川原町駅周辺総合整備事業」の一環としての「川原町駅付近連続立体交差事業」が行われています。同連続立体交差事業」の一環として、三滝川左岸堤防上を走る国道365号上にあった名古屋本線の踏切は閉鎖され、現在は左岸堤防北側の同本線高架下を通りぬけています。
南側は三滝川が流れ「同立体交差事業事業」の完成後、河川敷等は「三滝川ふるさとの川整備事業」としての整備が計画されています。また、地域内に市の公園の整備計画もあります。
川原町駅前近くには市の耐震性40トン防火地下水槽があります。

【平成30年度役員】
 会 長    廣田雅文    副会長    伊藤綱郎    会 計    諸戸弘之  


川原町駅付近連続立体交差事業
(川原町駅踏切から三滝川方向))

開通した国道365号と閉鎖された踏切
(平成24年1月22日に開通)

川原町駅前の
耐震性40トン防火地下水槽と花壇
                   末永町二区自治会

 172世帯で構成しています。(平成29年4月1日現在)
 地区連合自治会を通じての行政への道路等の土木要望や海蔵川堤防清掃(地区社協主催)、防災訓練(地区防災会主催)桜まつり(海蔵川桜まつり実行委員会主催)の早朝清掃などへの協力・参加、また町内の一斉清掃などを行っています

 地域の南側を三滝川、西側を三滝川分派が流れています。三滝川左岸と三滝川分派は、「三滝川ふるさとの川整備事業」の一環としての整備が計画されています。三滝川と三滝川分派の分岐点の堤防上には清水・末永・西町・野田水位観測局施設があります。三滝川左岸堤防上を国道365号が通っています。
 地域内には、市営末永住宅や海蔵南公会所、末永2号(末永いこいの)公園があります。公園には耐震性40トン防火地下水槽が設置されています。海蔵南公会所は、末永町一区・同二区・本郷町一区・同二区・清水町の5自治会からの市への要望に基づいて、旧末永焼却場の跡地に昭和56年12月に完成しました。
堤防上の国道365号沿いには、旧明治橋付近に設置されていた水防倉庫が移設されています。また、堤防に沿って野田川の流末水路があり、謂れのある「阿弥陀橋」が架かっています。


【平成29年度役員】
 会 長    水谷 茂    副会長    神山一朗   副会長   横田益二郎   会 計    山本誠治


三滝川(手前:右岸は整備済)と三滝川分派(左)
中央の白い施設:清水・末永・西町・野田水位観測局

三滝川左岸側と野田川の合流点(堀木橋西)

海蔵南公会所と市営住宅
(昭和57年2月地区広報「かいぞうp1」)

末永2号(末永いこいの)公園

水防倉庫

阿弥陀橋
(平成13年3月地区広報「かいぞう」p8)